網膜剥離手術

最近網膜剥離(RRD=rhegmatogenous retinal detachment)の手術が多いです。RRDはバックル+冷凍凝固+排液(強膜バックリング手術、SBP=scleral buckling procedure)で治すのが常識でしたが、ここ20年くらいで次第に硝子体切除+光凝固+ガスタンポナーデ(硝子体手術、PPV=pars plana vitrectomy)の比率が増えてきています。

 

網膜剥離手術では網膜裂孔をいかに閉鎖するかがポイントです。SBPではバックルを縫い付けて強膜を内陥させ、クライオ(冷凍凝固)により裂孔周囲を癒着させますし、PPVではガスで内側から網膜を押さえてPC(光凝固)により癒着させます。結果は同じです。

 

SBPは術中、術後の痛みがやや強いこと、裂孔が多い、あるいは奥にある場合対処に困る(手術が難しくなる)こと、硝子体混濁や黄斑前膜が残ること、黄斑部の復位に時間がかかることなどの欠点があります。ただ、術後の安静は仰臥位が可能で比較的楽です。

 

PPVは痛みが少なく、手術時間も短縮されます。また、裂孔の数、位置に関係なく行え、裂孔が大きくても手術難易度は変わりません。硝子体混濁や出血を同時に取り除くことができ、黄斑部の復位も早いので1〜2週間でガスが無くなったらすぐに視力回復できます。また、SBPのように屈折が変化することがありません。

 

しかしPPVの欠点はガスタンポナーデを行うことで術後の体位が基本伏臥位となり、不自然な姿勢を要求されることと、ガスにより白内障が発症し、後日白内障手術を行う必要が出てくる可能性が高いことがあります。そのため、比較的高齢では白内障手術との同時手術を行うことも多いのです。

 

SBPとPPVは併用して行うこともできます。その場合、バックリングは輪状締結とします。PPVにバックリングを併用すると復位率が向上します。

 

SBPとPPVは上手に使い分けるのがコツです。白内障手術を避けたい40歳以下のRRDで、裂孔は周辺部に単独か1象限のみという条件であればSBPがベターです。中年以降の急性硝子体剥離に伴う裂孔によるRRDはPPVの良い適応です。巨大裂孔、後極部裂孔、黄斑円孔などは当然PPVです。

 

症例によって選んで行くと、どうしてもPPVが多数を占めるようになってきます。今やPPVがRRDの標準術式となりました。

 

SBPはなかなか難しい手術です。一発でバックルの位置を決め、排液、縫着をするのは経験が要ります。SBP特有の合併症対策も必要です。小生は1980年代、年間50例以上のSBPを数年行っていたとは言え、今でもSBPの方がPPVよりも神経を使います。今後、症例数の少ないSBPの教育をどうするかが眼科の課題となってくるでしょう。

 

SBPにおける冷凍凝固の方法について、開業した頃はまだ双眼倒像鏡をかぶって行っていましたが、シャンデリア照明が普及するにつれ、顕微鏡下で行うように変化しました。最近は双眼倒像鏡がお蔵入りしています。

 

ST

 

散歩


美味しいドーナツ屋さんが、靭公園の近くにあると教えてもらいました

ドーナツ&ベイクドスイーツ ハナウタさんです(京町堀)

 

f:id:tsuboieye:20210611083924j:plain
f:id:tsuboieye:20210611083952j:plain

 

余分な素材を入れない身体に優しいドーナツのようです

手ごね製法によりザクザクとした、独特の食感で美味しかったです

一番人気のプレーンは甘さも控えめでした

 

プレーンの他に シナモン  じゃがいも  ハチミツ  

イチジク  くるみ  チョコ  抹茶や 月替わりで

今月は、かのこ豆(青えんどう 手亡豆 ひよこ豆 金時豆 )と

種類もたくさんありました

じゃがいも!のドーナッツって

とても気になるので、再訪が楽しみになりました

 

 

靭公園の薔薇も綺麗でした

マスク・手洗い・消毒との日々ですが

紫陽花も見頃でいいお散歩になりました

 

f:id:tsuboieye:20210611084016j:plain
f:id:tsuboieye:20210611084040j:plain

 

Y.K

白内障手術

今日も午後は手術の日でした。

白内障手術がメインの日でしたが、白内障といえど、みなさん個々状態が違います。

千差万別とまではいいませんが、散瞳が不良(瞳孔の開きが悪い)な症例や、チン氏帯が弱い症例、核硬化が進んだ症例というように、一様ではないのですが、最近は何故か核硬化が進んだ症例と、狭隅角の症例がやたらと多い気がします。

狭隅角は、なかなか自覚する症状が乏しいですが、核硬化が進んだ症例は、かなり見にくくなってくるはずなので、気づかれることも多いとは思いますが、こうなるまで我慢されるのも、これも新型コロナウイルスの外出控えによるものなのかもしれません。

 


TN

 

 

寒暖差で起こる眼疾患

最近の気候の特徴は「1日における寒暖差」。最低気温と最高気温の差が15°Cに達することもありますね。こんな時眼科では硝子体関連の疾患が増えます。寒暖の差で硝子体が収縮し、硝子体剥離を起こしやすくなるからです。

 

もっとも軽症なところでは、生理的飛蚊症があります。硝子体剥離に伴い、乳頭付着部からはずれた輪状の混濁を自覚し、虫が飛んでいるような錯覚を覚えるのです。これは誰でも一生に一度は起こるもので、そういう意味では確かに生理的です。

 

硝子体は後極部で剥離するものの、周辺部では強固にくっついておりますので、硝子体剥離に伴いこのあたりの網膜が引っ張られると、網膜に裂孔ができることがあります。これが網膜剥離の原因になります。裂孔を見つけたら予防的なレーザー凝固が必要で、剥離に至っておれば速やかな手術が必要です(いずれも保険適応)。

 

硝子体剥離に引き続き、誰でもが裂孔を来すことではありません。網膜に孔が開く人は前提としてもともと周辺部に変性を持っています。変性の有病率は5%くらいです。そのうちのまた一部で裂孔の危険があるというわけです。飛蚊症を自覚したら、詳しい眼底検査を行なってもらって、周辺部に裂孔が生じていないか確認してもらった方が良いです。

 

飛蚊症だけならば視力には影響ありませんが、精神的に苦痛ということがあり、治療の対象となることがあります。飛蚊症レーザーまたは硝子体手術で治療します。どちらも自費診療です。

 

糖尿病や網膜静脈閉塞症で網膜に新生血管ができることがあります。これは循環障害(血管閉塞)の結果ですが、新生血管は網膜の表面、硝子体との境界に生えますので、硝子体剥離が起こると、その部分から出血し、硝子体出血となることがあります。硝子体手術で治療できます(保険診療)。

 

春から夏にかけて、硝子体手術の症例が増加いたします。

 

ST

 

 

 

 

コミナティ

新型コロナウィルスのワクチン接種が動き始めました。

当院でも患者様から「○月○日に予約ができた。」と教えて頂く機会が増えました。

反対に予約ができなかった方や、大規模接種会場は遠いので諦めたという方の意見もちらほら伺います。

 

病気の既往歴があると副反応のことを懸念される方も多いと思います。

必ず接種しないといけないものではないですが、拒絶はせずメリットとデメリットを調べた上で判断していただきたいなと個人的に思います。

私は副反応の内容と件数、接種後の感染率を調べた上で接種を決めました。

1回目の接種後翌日翌々日は筋肉痛と微熱、倦怠感でダウンしましたが、金曜日に接種したので仕事は支障を来さずに済みました‥

今日2回目を終えたので明日がくるのが怖いです。

副反応が軽く済むことをただ祈るばかりです!!!!

 

日本では接種率が低いので接種が終わったから大丈夫、ということではありません。

気温が上がり、マスク生活は辛いと思いますが当院受診時にはもうしばらくマスク装着のご協力をお願いいたします。

 

 

 

n.y

 

 

和菓子が食べたい!

昨年(2020年3月頃から新型コロナウイルス感染症のために郵便局の国際郵便の

アメリカ向け荷物は引き受け停止となっていましたが、この度、6月1日から

アメリカ向けEMSに特別追加料金が導入されて再開されることになりました!

f:id:tsuboieye:20210603170352j:plain

国際スピード郵便(EMS)再開

この事をアメリカのお嫁さんに言うと「小豆を使った和菓子を送ってください!」

と即答。

 

早速、デパ地下へ和菓子を買いに行き、やっぱり10日くらいは

日持ちするのでないとね、といろいろ買いました。

息子には千○せんべい(大好物)、子供達にはラムネとかグミとか駄菓子系。

 

最後にアメリカにEMSで食品を送ったのは昨年の2020年3月26日。

 

そして、集荷に来てくれた郵便局員さんに聞いてみました。

 

「だいたい何日くらいで着きますか?」

『いや〜、正直私らも何日って言えないんです。全然わかりませんわ...』

 

「え、料金上がったんですよね???食品入ってるんですけど」

『コロナの前はねえ〜アメリカは3日とかでも着いたんですけどねえ。

今は、ごめんなさいとかしか言えなくてねえ〜」

 

「....!?」(特別料金なん違うの?!何のために値上げしたん?!)と

心の中でぼやく...ブツブツ 

 

とにかく、和菓子が賞味期限内にアメリカに届きますように(祈)

 

話は変わりますが

6月になるといつものお散歩コースの池に睡蓮の花が咲きます。

f:id:tsuboieye:20210603170410j:plain

モネと睡蓮

f:id:tsuboieye:20210603170425j:plain

クロード・モネの家の睡蓮の池(本物)

モネは日本美術愛好者の集いの会員だったそうです。ジヴェルニー の自宅にはたくさんの浮世絵のコレクションがあります。また、モネは晩年、視力低下の危機に直面しましたが、友人の励ましを受けて、「白内障」の手術を乗り越えて、『睡蓮』大装飾画の制作に没頭しました。(仏 オランジュリー美術館)

1920年頃は白内障手術を受けるってとても勇気のいることだったのですね!

Y.T

 

 

 

 

 

レクトミー

今日はレクトミー(濾過手術)の手術申し込みが相次ぎました。レクトミーは緑内障手術の切り札で、術前の値に関係なく眼圧を15mmHg以下に下げることができる優れものです。適応は1)血管新生緑内障など30mmHg以上の高い眼圧が続く場合と、2)視野が進行する中期以降のPOAGです。

 

レクトミーでは房水を強膜の穴から結膜下へ逃がすことにより眼圧を下げます。その量が多すぎると眼圧が下がりすぎてしまい、視力を維持することができません。また、結膜下へ逃がした房水が外に出てしまうと、眼の内と外に交通ができることになり、感染の原因となります。

 

そのため、房水を結膜下に貯留させ、眼外には出ないように工夫します。結果、手術の部位に結膜のコブができます。これをbleb(ブレブ)と言います。レクトミーを成功させるコツはブレブをしっかり作ることと、それを長期間持続させることです。

 

ブレブを上手に作るにはまたいろんなノウハウがあります。手術中のみならず、術後管理でも注意が必要です。強膜弁の縫合は基本2糸で、前房形成、適度の漏出、眼圧10mmHg以下の条件を満たさなければなりません。結膜縫合も2〜3糸で断端の位置がきっちり輪部に来るように注意します。

 

術後2〜3日で角結膜輪部の癒着が完成したら、圧迫してブレブをしっかり作ります。患者さん自身にマッサージ(眼球圧迫)をしていただくこともあります。

 

術翌日、3日後、および1週間後での来院が必要になりますので、白内障の術後よりは来院日数が多くなります。また、ブレブの状態によっては、レーザーによる抜糸、手術室での縫合などが追加で必要なときもあります。

 

うまく行くと、点眼フリーで眼圧を15mmHg以下にコントロールでき、視野進行の阻止が可能となります。70歳以上の高齢で、視野が中期以上に進行している患者さんでは、レクトミーを積極的に行うのが良いと考えています。

 

ST